第6章 バルテュスが成したも

本質の追求

バルテュスは青年期に書いた手紙の中で「嵐が丘」の挿し絵について次のように書いている。「この作品にはたくさんの事を盛り込みたい。優しさ 子供時代への懐かしさ 夢 愛情 死 怒り そして涙などを これら全ては僕らの心の中に秘められている。卑怯な偽善に固められた人間の皮膚の下にある真実を形にしたい。」この「人間の皮膚の下にある真実を形にしたい。」とは物事の表面下に潜む本質を明かにしたいと言う考えであり これがバルテュスの表現の根底にある。これが具体的に表れている青年期の作品では「ギターのレッスン」や「鏡の中のアリス」「夢見るテレーズ」 そして都市の屋外風景である。これらの裸体などが描かれた作品は挑発的で 人々の皮膚の下にある性への関心をあぶり出している。そこには性的な可逆性と自虐性 露な裸体が示す美の伴わない官能性 構築的な姿勢と性の露呈 そから性の禁忌性への挑戦などを描き出している。これらには若きバルテュス自身にのしかかる青年期の性の重さや暗さに対する反発心や疑念が込められている事は 先に述べた。また都市風景の「街路」と「コメルス・サン・タンドレ小路」では 都市風景の中の人々を陽と陰で描き 陽は奇妙で滑稽にも見える見世物とし 陰は沈鬱な負の美としている。これらは都市に見られる人々の実体を2つの面によって露にしている。これは本質の追求と言うよりも本質の露呈であり 現実の実体を暴くだけでなく 独自な演出が加えられている。この演出は可笑し味と暗さ 挑発と疑念 そして完全に構築的な姿勢と構図 また色彩の効果と視線の誘導などであるが この独自な演出こそ 本質の露呈に加えられている抒情性であり 作品を重層化し複雑化している原因でもある。そしてこの演出という皮膚の下にこそ 氏が込めた本質がある。しかも追求して得た本質を露呈させつつ実は この演出によって秘めてしまう事が氏のやり方であり 氏の本質である。

6_1_1

不可視なものの具現化

また氏はこうも述べている。「人は非現実を写実し 不可視なものを具現化する事ができる。」 これは一読すると 現実にはありえない世界を具体的に描き出せるとも受け取れるが そうではなく 視覚だけで捉えられる現実に限定しないで その本質に具体性を与える事ができると言う意味である。また非現実とは現実を無視した架空の世界ではなく 計りしれない現実の奥深さと広大さは人知を越えていると言う点で非現実なのである。この考えは先の本質の露呈のさらなる進展であり これによって人間の皮膚の下だけでなく 自然界や普段の生活に潜む本質を捉えていく事になる。この好例は陽光に晒された裸体を描いた「部屋」で ここでは現実にある事を越えた 不可視な世界を巧みに写実し 具現化している。また風景を描いた作品では「ラルシャン」や「ゴッテロン渓谷」「シャンプロヴァンの風景」「樹木のある大きな風景 (三角形の畑)」なども同じく 天と地の向こうに広がる無限性 自然の持つ頑な自我 黄昏れ始める午後の永遠性 謎めく存在などを具現化している。これらは単なる美しき自然の再現ではなく 人知を超えた大いなる存在に対する畏敬の念による認識であり 計りがたい現実の謎めく本質の一端を明らかにする事に成功している。

6_1_2